KOUEIスタッフブログは新潟市の注文住宅、リフォームの光英住宅

KOUEIスタッフブログ

2021.09.20

家づくり情報

快適な家の要となる全室空調とは?住宅会社が紹介します!

快適な家とはどのようなものでしょうか。
十分な広さのリビングや使い心地のよいキッチンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
もちろん、これらもそうですが、実は快適な家には空調がかかわってきます。

今回は、快適な家をつくる、全室空調について紹介したいと思います。

□全室空調とは

空調と聞くと、家の各部屋にエアコンを置くことを想像するでしょう。
しかし、最近では、各部屋だけでなく、家の中の空気を丸ごと調整するシステムが多く導入されています。

これ全室空調と言います。

例えば、ホテルなどのように、部屋でも廊下でもどこへ行っても、ちょうどよい温度が保たれているのを想像してもらうと、わかりやすいです。

また、全室空調は、室温の調整だけでなく、換気も行います。
そのため、家の空気もきれいになります。

□全室空調のメリットとは

全室空調のメリットを3つ紹介します。

1つ目は、室温のバリアフリー化ができることです。

上記のとおり、部屋だけでなく、玄関や廊下、トイレまですべての空間で快適な温度が保たれます。

そのため、家の中の温度差が少なくなり、ヒートショックや熱中症のリスクが減ります。

ヒートショックとは、冬場に暖かい部屋から室温の低い部屋に移動する際の急激な温度変化によって、血圧が変動し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす現象です。

日本人は湯船につかる習慣があるため、血圧の変動が大きくなります。
そのため、日本は浴室でのヒートショック発生件数は世界トップです。

ヒートショックを起こさないためにも、全室空調は大切と言えます。

2つ目は、すっきりした空間にできることです。

全室空調では、各部屋にエアコンを置かなくてよいです。
そのため、壁や天井がすっきりした印象になります。
また、室外機を何個も置かなくてよいため、外観もすっきりして見えるでしょう。

3つ目は、間取りの自由さが広がることです。

各部屋にエアコンを設置する場合、冷暖房効率を上げるため、ドアや仕切りが必要です。
しかし、全室空調では、それがいりません。
大きな吹き抜けや開放感のあるリビングなど、間取りの自由度が高くなります。

□まとめ

今回は、全室空調について紹介しました。
全室空調にすると、家を快適にできますし、間取りの自由さも広がります。

快適な家づくりを考えている方は、ぜひ全室空調にするか検討してみてください。
そして、全室空調を検討されている方はぜひ当社にご相談ください。


私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/