KOUEIスタッフブログは新潟市の注文住宅、リフォームの光英住宅

KOUEIスタッフブログ

2021.04.24

家づくり情報

地震に強い家の特徴とは?住宅会社が解説します!

「地震に強い家を建てたい」「耐震等級について知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

せっかく新築を建てるなら、耐震性にはしっかりとこだわりたいですよね。

そこで今回の記事では、地震に強い家の特徴について解説します。

□耐震等級とは?

地震に強い家であるかを知るための基準として、耐震等級というものが存在します。

まずは、耐震等級とは何であるかを理解しておきましょう。

*耐震等級のランク分け

耐震等級は、地震に対して家がどれくらい耐えられるかを評価したものです。

1〜3までの3ランクに分けられ、数字が大きいほど耐震性の高い家を表します。

耐震等級1は建築基準法を満たす一般的な耐震性能を示し、耐震等級3の家はその1.5倍の耐震性を持ちます。

例えば、防災の拠点である警察署や消防署のような建物は、耐震等級3の基準を満たすでしょう。

*耐震等級3の家も倒壊する可能性はある

耐震等級3の性能を持っていても、30年後には地震で倒壊する可能性があります。

ここでは、その主な原因について2つ紹介します。

1つ目の原因は、壁内の結露により柱や梁が劣化することです。

結露は、窓だけではなく壁の中にも発生します。

壁の中に発生した結露は、除去するのが難しいでしょう。

そのため、柱や梁に菌が繁殖してしまい、最終的には腐ってしまいます。

2つ目の原因は、木材をシロアリに食べられてしまうことです。

阪神淡路大震災では、シロアリ被害や木材が腐っている家の9割が全壊しました。

一方で、シロアリ被害などがない場合、全壊した割合は2割程度です。

しっかりとシロアリ対策をすることで、家の耐震性が向上するでしょう。

□地震に強い家の特徴を紹介!

地震に強い家の特徴は、「耐震」「免震」「制震」という3つの対策ができていることです。

それぞれの対策方法についてチェックしましょう。

耐震では、家の構造部分を強化して耐震性を高めます。

柱や耐久壁など、地震に耐える強い部材を使用します。

免震では、家を基礎から切り離し、地震の揺れを直接伝えない構造にします。

建物と基礎の間に、積層ゴムやダンパーなどを設置することがほとんどでしょう。

制震では、オイルダンパーなどを設置して地震の揺れを吸収させます。

免震と比較すると振動を抑える効果は少ないですが、コスト面で優れているので人気です。

□まとめ

地震に強い家の特徴について解説しました。

耐震等級を目安にすることで、地震への耐久性がわかりやすくなるでしょう。

また、3つの地震対策をすることも非常に大切です。

新築をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。


私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/