KOUEIスタッフブログは新潟市の注文住宅、リフォームの光英住宅

KOUEIスタッフブログ

2021.04.15

家づくり情報進行中の現場

進行中の現場(江南区K様邸)⑥

江南区K様邸、順調に進んでいます。

先日、気密測定を行い結果は『C値0.14㎠/㎡』!

最高の数字をたたき出しました(^^♪

大工さん、いつも丁寧な施工ありがとうございます!!

K様邸の断熱性能ですが、『UA値0.31W/㎡・K

HEAT20 G2グレードの高断熱仕様となっています。

《 ↓計算結果↓ 》


1.jpg

4月1日から建築物省エネ法の改正により、省エネ性能の説明が義務化されました。

当社でも全棟UA値の計算を行いますが、この計算結果って、あくまでもカタログに記載の断熱性能で

計算を行います。

なので、実際の現場での施工精度は考慮されていません。

例えば、下の表の一番上のようにグラスウール100mmをきちんと施工してあればUA値計算書の結果通りの断熱性能の住宅が完成します。

上から3番目のように両端を押し込んだ場合、同じグラスウール100mmでもたった46mmほどの断熱性能に低下します。

断熱材施工状態.jpg

K様邸の計算結果も、断熱材の施工状態が悪ければ一気にUA値0.35W/㎡・Kまで下がります。

これでは、HEAT20 G2グレードも下回ってしまいます(*_*)

※K様邸は、高性能グラスウール105mmを充填しているので、105mm×断熱性能46%に低下=48mmで計算。

2.jpg

各断熱材メーカーから『柱ー間柱用』『間柱ー間柱用』の断熱材が販売されていて、

下の①②に対応したサイズを入れればOKです!


柱ー間柱.jpg

《幅430mmの断熱材》

柱ー間柱間の387mmに幅430mmの断熱材を入れようとすると

サイズが合わないから両端を詰め込むしかないので、一番右の『施工状態×』みたいになる。

名称未設定-1.jpg

《K様邸の充填断熱施工状況》

20210410_055749.jpgIMG_0002.JPG

断熱材がきちんと適切な場所に、適切なサイズが充填されていて

防湿シートの施工も併せて、きれいに仕上がっていました。

計算結果により近い、冬でも暖かい家になると思います(^^)/


私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/