KOUEIスタッフブログ

2019.06.10

住宅 フロア 選び ガイド

IMG_2223.JPGIMG_2222.JPGIMG_2221.JPG


床材について大きく分けて、シート張り、無垢材がある。

最近は、無垢材の人気が高まっている流れがありますが、シート張り、無垢材、それぞれに特徴があるので、無垢材≒いい材料と言い切るのはちょっと待ったなのです。(もちろんいい材料なんですけど。。。)

無垢材については、天然木の表情や伝導率が低いため本物の木の暖かさを感じれるという事。(厳密にいうと広葉樹と針葉樹でも違いがあるのでこの話はまた今度)

一方、シード張りについては、汚れ水に強い、品質が一定である、などのメリットがあります。

施工コストに配慮し、無垢材の乾燥収縮、メンテナンスの事を考えるとシート張りが普及してきたのも当然の事です。

やみくもに高い無垢材を使うのではなくて、特性を理解した上で使うのが正しい使い方だと思うのです。

ここでもう一つ、表面に2~3㎜の突板を貼ったフローリングもあります。

写真上は集成材だけど本物ウォ―ルナット(私の机)、下は突板張りのフローリングになります。

質感変わらずフローリングの長所も残せる。

特性としてとてもハイブリット(いいとこどり)だと思いますのでお勧めです。

少し安く入る建材屋さんをこないだ見つけたので、ご相談いただければご案内出来ます。

なんでも適材適所に使い分けるのが一番ですよね。

私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/