KOUEIスタッフブログ

2018.07.23

環境負荷の低減

いきなり難しいタイトルになりましたが、なるべく噛み砕いて自分の言葉で書いてみようと思います。

「環境負荷」とは建築物が環境に与える負荷をいい、負荷の低減とは、建設時のエネルギー消費や資源消費をはじめCO2排出、排気、騒音、排水など低減すること。

つまりは、地球に優しい建物を作りましょう。だと思います。だいぶ噛み砕きました。。。

今年は熱いですよね!!!冷暖房エネルギーを削減することは直接「環境負荷の低減」につながるじゃあーりませんか?

地球に優しくするどうしたらいいだろう?だいぶ大きなテーマですが、いち住宅屋さんとして、どうしたら地球に優しくなれるだろうか?現場に向かう車の中で少し考えたりもします。

例えば、断熱性、気密性を上げることは消費エネルギーの削減につながるわけだから現場監督としては大事なこと。

パッシブデザインとか建築物自体の工夫により環境負荷低減に配慮することも設計の段階で必要になってきます。

ゴミ拾いをしました。地球に優しくなりました。というふうに直接効果が表れるわけではないのですが、我々が少し環境負荷や省エネについて考えることは大事なことかもしれない。


私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/