KOUEIスタッフブログ

2018.09.18

Low-e複層ガラス

皆さんは、Low-e複層ガラス。このガラスには二つの効果があることをご存知でしょうか?

答えは遮熱と断熱です。大変優れものですね。優れものなので世間一般の新しい建物にはLow-e複層ガラスが採用されています。

ちなみにLow-eとはLow emissivity(ローエミシビティー)低反射という意味だそうです。ガラスの表面に特殊な金属膜をコーティングすることで日射熱の反射率を高めています。

もう一つは断熱です。この世で最強の断熱の方法はおそらく真空です。ペアガラスの中を真空にしたいでも厳しいやっぱり漏れちゃう。

じゃあ次に熱の伝わり方を遅くする方法。伝達率を下げる方法。

それは、空気(静止空気層を作ること)です。断熱材ロックウールだったりグラスウールも空気を含ませてフカフカにする事で熱の伝わり方を遅くしているんです。

話はそれましたが、複層ガラスの内側には空気だったり、熱の伝わり方を遅くするガスが入っています。

ということで、Low-e複層ガラスには遮熱と断熱二つの効果があります。

最近ではガラスの色によって反射率の違いから、日射熱を取り込みたい場所と反射させたい場所のガラスの色を変えるなんてこともあります。

西日は強い遮熱したいので遮熱タイプとか、新潟の冬は厳しいので日射を取り込みたい断熱タイプとか。

ガラスの色の違いまで正直僕も体感したことはない(勉強不足かもしれない)のですが、そんな話も最近よく耳にします。

お家造りの際は最適なガラス、サッシを選びましょう!!

CIMG9676.JPG


私たちを育ててくれた新潟に貢献し大切な家族に贈る性能にとことんこだわったホンモノの家づくりを。

新潟の新築・注文住宅・二世帯住宅なら
光英住宅 → http://kouei-n.co.jp/