健康住宅の株式会社光英住宅 – 新潟の新築・リフォーム・不動産情報
新潟の新築住宅・注文住宅・不動産情報は光英住宅にお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-19-1319
MENU(中吊り)

最新情報

Home > 最新情報 > 長期優良住宅化リフォーム推進事業について

長期優良住宅化リフォーム推進事業について2017/05/15

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業の交付申請マニュアルが11日に公表されましたので、

概要をお知らせします!

平成29年度は、『高度省エネルギー型』が追加され、補助額も最大250万円に引き上げられました!

※平成28年度までは、最大で200万円でした。

省エネ法が施行された昭和55年以前に建築された建物の場合は、ほぼ『無断熱住宅』だと思います。

 

P1050004

 

↑昭和53年に新築された建物(天井も壁も断熱材が施工されていませんでした)

 

抽出された名称未設定のページ

そんな『無断熱住宅』が日本全国の住宅の約4割もあります 8-O

 

耐震性能に関しても、昭和56年以前に建築された『旧耐震基準』の建物なので

耐震金物はもちろんのこと、筋交いもほとんど存在してません。(あっても地震の際に役に立たない薄い筋交いが何ヶ所かあるだけ)

 

 そんな住宅を、補助金250万円(最大)を使ってフルリノベーションしませんか?

 

長期優良住宅に認定を受け、さらに断熱性能をを評価するBELS評価を受け、安心で快適な住まいに

劇的に生まれ変わります :-D 

 

無断熱住宅から平成28年省エネ基準の断熱性能へ改修した場合、年間の光熱費が50%以上削減されます!

さらに、部屋間の温度差が少なくなるためヒートショックの心配も軽減

カビ・ダニの発生も抑制されるのでアレルギー疾患の改善も期待できます :-D

 

この機会に是非ご検討ください!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■主な事業要件

 

●リフォーム工事実施後の住宅性能が一定の基準に適合すること。

 

【評価基準型】

 

(1)構造躯体等の劣化対策、(2)耐震性の性能項目を満たし、(3)省エネルギー対策または(4)維持管
理・更新の容易性のいずれか一つに適合すること。また「住戸面積の確保」「居住環境」「維持保全計
画の策定」にも適合していること。

 

【認定長期優良住宅型】

 

長期優良住宅認定における増改築認定基準に適合

 

【高度省エネルギー型】

 

長期優良住宅認定における増改築認定基準に適合し、かつBEI値が0.80以下※

 

※設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)/基準一次エネルギー消費量
(その他一次エネルギー消費量を除く)をいい、設計一次エネルギー消費量の算定に当たっては、
太陽光発電に係る効果を除外して計算するもの。

 

●住宅の規模が決められた一定の規模を満たすこと。
●リフォーム工事着手前にインスペクションを実施すること。
●リフォーム工事の履歴と維持保全計画を作成すること。
●原則として平成30年2月16日までに完了実績報告書の提出ができるものであること。
●補助対象となる住宅とそのリフォーム工事の内容が決定していること。

 

■補助限度額

 

【評価基準型】
100万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

【認定長期優良住宅型】

200万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

【高度省エネルギー型】

250万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

■公募期間(通年申請タイプ)

~平成29年12月22日(金)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

IMG_1543

 

平成27年度、平成28年度で計16棟、補助金を使ったフルリノベーションをご依頼いただきました。

現在、本補助金を使ってリフォーム中の現場もご案内可能です!

お気軽にご連絡ください!

最新情報

News
長期優良住宅化リフォーム推進事業について2017/05/15

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業の交付申請マニュアルが11日に公表されましたので、

概要をお知らせします!

平成29年度は、『高度省エネルギー型』が追加され、補助額も最大250万円に引き上げられました!

※平成28年度までは、最大で200万円でした。

省エネ法が施行された昭和55年以前に建築された建物の場合は、ほぼ『無断熱住宅』だと思います。

 

P1050004

 

↑昭和53年に新築された建物(天井も壁も断熱材が施工されていませんでした)

 

抽出された名称未設定のページ

そんな『無断熱住宅』が日本全国の住宅の約4割もあります 8-O

 

耐震性能に関しても、昭和56年以前に建築された『旧耐震基準』の建物なので

耐震金物はもちろんのこと、筋交いもほとんど存在してません。(あっても地震の際に役に立たない薄い筋交いが何ヶ所かあるだけ)

 

 そんな住宅を、補助金250万円(最大)を使ってフルリノベーションしませんか?

 

長期優良住宅に認定を受け、さらに断熱性能をを評価するBELS評価を受け、安心で快適な住まいに

劇的に生まれ変わります :-D 

 

無断熱住宅から平成28年省エネ基準の断熱性能へ改修した場合、年間の光熱費が50%以上削減されます!

さらに、部屋間の温度差が少なくなるためヒートショックの心配も軽減

カビ・ダニの発生も抑制されるのでアレルギー疾患の改善も期待できます :-D

 

この機会に是非ご検討ください!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■主な事業要件

 

●リフォーム工事実施後の住宅性能が一定の基準に適合すること。

 

【評価基準型】

 

(1)構造躯体等の劣化対策、(2)耐震性の性能項目を満たし、(3)省エネルギー対策または(4)維持管
理・更新の容易性のいずれか一つに適合すること。また「住戸面積の確保」「居住環境」「維持保全計
画の策定」にも適合していること。

 

【認定長期優良住宅型】

 

長期優良住宅認定における増改築認定基準に適合

 

【高度省エネルギー型】

 

長期優良住宅認定における増改築認定基準に適合し、かつBEI値が0.80以下※

 

※設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)/基準一次エネルギー消費量
(その他一次エネルギー消費量を除く)をいい、設計一次エネルギー消費量の算定に当たっては、
太陽光発電に係る効果を除外して計算するもの。

 

●住宅の規模が決められた一定の規模を満たすこと。
●リフォーム工事着手前にインスペクションを実施すること。
●リフォーム工事の履歴と維持保全計画を作成すること。
●原則として平成30年2月16日までに完了実績報告書の提出ができるものであること。
●補助対象となる住宅とそのリフォーム工事の内容が決定していること。

 

■補助限度額

 

【評価基準型】
100万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

【認定長期優良住宅型】

200万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

【高度省エネルギー型】

250万円/戸(三世代同居対応改修工事を実施する場合は+50万円

 

■公募期間(通年申請タイプ)

~平成29年12月22日(金)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

IMG_1543

 

平成27年度、平成28年度で計16棟、補助金を使ったフルリノベーションをご依頼いただきました。

現在、本補助金を使ってリフォーム中の現場もご案内可能です!

お気軽にご連絡ください!

 

株式会社 光英住宅

〒950-2028
新潟市西区小新南2丁目5-29
TEL:025-231-0733
FAX:025-201-1927

一般建築・設計・施工・宅地建物取引業
建設業許可番号(般-26)第44671号
宅地建物取引業許可番号(10)第2436号

Copyright (C) 2017 株式会社 光英住宅 All Rights Reserved.